館林・邑楽郡・羽生の整体は「Syakuyaku(シャクヤク)」

睡眠環境

 

良い寝姿勢をつくる睡眠環境

ここでお伝えしたいのは、寝ているときの姿勢が重要ということです。

朝起きると腰が痛いとか、首が痛いとか、疲れが取れないとか

よく耳にしますし、誰しも経験があるのではないでしょうか?

人によっては、朝スッキリ起きたことなんて1度もない!

なんておっしゃる方も多いですよね。

実は、私もそうでした。

昔から朝が弱くて、朝が一番だるいし眠いしつらい…

夜早く寝ても、朝ツライことは変わらず、しょうがない、私は朝が弱いんだと思いこんでいました。

でも、違ったんです!

朝はスッキリするもの

患者さまにも、朝はいちばん体がすっきりしているはずですよ~とお話しすると

皆さんから、ありえない!という返事が返ってきます。笑

気持ちはわかります。私もそうでしたから。

でもなにが、そうさせていると思いますか?

なぜ寝ても疲れが取れないのでしょうか?

何時間も寝ているのに起きても疲れているって

おかしいと思いませんか?

睡眠環境と寝姿勢

だいたいの方は、寝ている姿勢が悪いのです。

枕は合っていますか?

うつぶせに寝ていませんか?

ずーっと横向きで寝ていせんか?

体は沈みこんでいませんか?

悪い癖はその方によってさまざまですが

簡単にいうと、寝姿勢が悪いことで

体の修復が十分にできないのです。

それだけではなく、からだはどんどんサビついてしまいます。

睡眠時間はとてもとても大切です。

ですが、質の良い睡眠をとることができないと

いくら寝ても体の状態は悪くなる一方です。

体がサビつく前に予防を

私もカイロを始めるまでは、寝ているときの姿勢は最悪で

朝目が覚めてもすぐには起き上がれず毎日苦しかったですが

寝姿勢を直してから、朝が気持ちのよい時間に変わりました。

ぜひ、睡眠は体を修復するために大事な時間であり

質が重要だということを改めて考えてみてください。

せっかく何時間も寝るのですから、体を壊すような無駄な時間にはしたくないですものね。