館林・邑楽郡・羽生の整体は「Syakuyaku(シャクヤク)」

妊娠中 マタニティ期

 

妊娠してからの痛み なぜ?

妊娠し、赤ちゃんが大きくなるにつれて腰や背中、尾骨や恥骨が痛くなることがあります。

大きな赤ちゃんを支えているわけですから、カラダへの負担は大きいものです~

痛くなってしまったら、骨盤や背骨のゆがみを整えてあでることで改善できます。

ですが、ほとんどの原因は、妊娠する前につくってしまったユガミなのです。

 

実は妊娠前の姿勢が原因!?

赤ちゃんがお腹にいることで、症状が突然起きたように感じますが

今までの生活習慣でつくってしまった ユガミのある体に

赤ちゃんがいることで負担が増え痛みとして表れています。

 

妊娠前から骨盤ケア

赤ちゃんがお腹の中で居心地の良くいられるためにも

ママが痛みのないマタニティライフを送るためにも

妊娠前から骨盤をケアしておくことが重要です。

産後の骨盤ケア

産後は開いた骨盤が元の位置に戻るときにずれやすいので、正しいケアが必要です。

逆にいうと、産後にしっかりと整えておくと、今までのユガミをリセットし美しいカラダを作ることができたり

産後の体の痛みや、不調を防いだり、次の妊娠のときのためにもとても大切です。

 

女性の骨盤

女性にとって骨盤はとても とても様々なことに関係しています。

妊娠出産だけではなく、生理痛や気分の浮き沈み、ホルモンバランスまで

日頃から骨盤を正しい位置へと戻し

元気で輝く女性に。 いつまでもキラキラしたママに。

なっていただきたいと思って お手伝いをしています。